生酵素サプリに危険な副作用はある?飲んではいけない人をまとめてみました

生酵素サプリに危険な副作用はあるの?

美容や健康を促す目的で、生酵素サプリを飲む人は増えています。

しかし、初めて生酵素サプリを摂取するに当たり、「副作用のリスクがあるのでは・・・」と不安を抱えている方はいませんか?

「痩せることができても副作用で不快な症状が出ていては意味がない」と考えている方はいますが、生酵素サプリは副作用のリスクが極めて低くなっています。

期待できる効果や変化は個人の体質で違いがあれど、生酵素サプリに危険な副作用はありません。

ここでは安全に生酵素サプリを摂取できる理由をまとめてみました。

医薬品ではなくサプリメントに分類されている

生酵素サプリの副作用のリスクが極めて少ないのでは、外用薬や内服薬などの医薬品ではなくサプリメントに分類されているからです。

サプリメントは「特定成分が濃縮された錠剤やカプセル形態の製品」と定義されていて、下記のようにいくつかの種類にわけられます。

・ビタミンやミネラルなど身体に必要な栄養素を補う「ベースサプリ」
・健康の維持や美容が目的で作られている「ヘルスサプリ」
・体調の回復で用いられている「オプショナルサプリ」

生酵素サプリは体内に必要な栄養素が入っていたり美容を促す効果を持っていたりという製品ですので、ベースサプリともヘルスサプリとも言えるでしょう。

どちらにしても医薬品成分は含まれていないため、生酵素サプリを飲んで身体に負担や刺激が加わる心配はありません。

医薬品は副作用に対する医師からの注意喚起や薬剤師による説明があるものの、サプリメントは健康食品ですので大丈夫です。

体内に必要な栄養素が入っている

生酵素サプリには体内に必要な成分や栄養素が入っていますので、安全な製品だと判断できますね。

メーカーによって違いはありますが、生酵素サプリに含まれている成分は下記のように多種多様です。

・代謝のアップや消化吸収を促す酵素
・エネルギーの代謝に必要なビタミン類
・健康や美容を促すミネラル(亜鉛や鉄分)
・体内でエネルギー源として利用されているアミノ酸

体内に必要な成分を摂取して、副作用が引き起こされることはありません。

生酵素サプリは食べ物に含まれている栄養素がメインで凝縮されていますので、内服薬よりも遥かに安全です。

生酵素サプリを飲んではいけない人をまとめてみた

実店舗やネット通販で販売されている生酵素サプリに、副作用の強い成分は特に含まれていません。

加齢で減り行く酵素に加えて栄養満点のスーパーフードを使っている生酵素サプリもありますので、美容や健康に不安を抱えている人にもおすすめです。

生酵素サプリは安全性の高い健康補助食品ですが、下記に該当する人は飲んではいけません。

・原材料の中にアレルゲンが入っている(過去にアレルギー症状が引き起こされた)
・何かしらの持病を持っていて、医師から医薬品を処方してもらっている
・実際に生酵素サプリを飲んでみて吐き気や下痢などの症状が起こった

サプリメントに飲み合わせてはいけない薬はありませんので、風邪薬や頭痛薬と併用しても大丈夫です。

しかし、持病を治す薬の効果を弱めたり副作用が強まったりするリスクはあるため、自分の判断で生酵素サプリを飲み続けるのは避けた方が良いでしょう。

生酵素サプリは身体に刺激を与えずに体質改善を図る健康食品ですので、飲んで良いのかわからない人はかかりつけの医師に相談すべきです。

生酵素サプリに危険な副作用はあるのかまとめ

生酵素サプリは医薬品のような副作用のリスクなく、ダイエットや便秘解消が目的で飲み続けることができます。

それでも、中には飲んではいけない人もいますので、生酵素サプリを飲み始める前に確認しておきましょう。