生理中に生酵素サプリを飲んで期待できる効果って?

生理中に生酵素サプリを飲んで期待できる効果は?

「生理中に生酵素サプリを飲めないのでは?」「生酵素サプリを飲むと生理不順になるのでは?」と疑問を抱えている女性はいませんか?

生理中はだるさやむくみ、イライラや肌荒れなど不快な症状が出やすいため、普段と同じように生酵素サプリを飲んでも大丈夫なのか不安ですよね。

結論から言うと、生酵素サプリは生理前でも生理中でも摂取できます。

なぜ安全に生酵素サプリを飲めるのか、いくつかの理由を見ていきましょう。

・生酵素サプリは内服薬ではなく健康食品に分類されている
・野菜や果物に含まれている酵素は体内でも生成されている

体内に必要な成分をサプリメントで摂取する形になりますので、生酵素サプリは皆さんが考えている以上に安全です。

それに加えて、生理中に生酵素サプリを飲むことで期待できる効果もありますので、一度目を通しておいてください。

ホルモンバランスが正常化する

女性の身体の中には、次の2種類の女性ホルモンが分泌されています。

・妊娠を成立させる役割を持つエストロゲン(卵胞ホルモン)
・受精卵の着床と妊娠の継続に必要なプロゲステロン(黄体ホルモン)

生理中はこのホルモンバランスが乱れて不快な症状が出やすいのですが、生酵素サプリを飲むと正常な状態に整えることが可能です。

エストロゲンを生成するに当たり、酵素とビタミンやミネラルなどの補酵素が欠かせません。

体内で酵素が不足すると女性ホルモンのエストロゲンを作り出せなくなって、「代謝が低下する」⇒「太りやすくなる」といった弊害があります。

生酵素サプリの中には生酵素だけではなく普段の食事で不足しやすいビタミンやミネラルも配合されているため、ホルモンバランスを整えて生理痛や生理不順を予防できるわけです。

医薬品と同等の効果は得られませんが、生理中の不快な症状で悩まされている女性は生酵素サプリを飲んでみてはいかがでしょうか。

冷え性を和らげられる

生理中で悩まされやすい症状の一つが冷え性で、血行不良で身体の末端まで血液が行き渡りにくくなるからです。

冷え性の緩和に生酵素サプリは効果的で、その理由を簡単にまとめてみました。

①生酵素サプリの中に入っている生酵素には代謝を促す作用がある
②酵素を取り入れることで血行不良を改善できる
③手足の末端まで血液が流れて冷えを改善できる

血行を良くする効果も酵素は持ち合わせているため、女性特有の症状を和らげる目的でも生酵素サプリは役立ちますよ。

貧血のリスクを抑えられる

貧血は冷え性と同じように女性が悩まされやすい症状の一つで、下記のように原因は様々です。

・偏食やダイエットで良質なビタミンやタンパク質が不足している
・無理な減量をしていると生理による出血で貧血を起こす
・妊娠や出産、授乳で体内から鉄分が不足している

栄養不足や生理による出血で貧血を起こすと、めまいや頭痛、動悸や息切れなどの症状が出やすくなります。

生理中で更に鉄分が不足していると貧血が引き起こされやすいのですが、症状の改善には生酵素サプリが効果的です。

血液の中に含まれているヘモグロビンが不足すると全身に十分な酵素を運ぶことが難しくなり、心臓に負担が加わって結果的に貧血を招きます。

しかし、生酵素サプリを飲んで普段の食事で足りない酵素を補っていれば、心臓への負担を和らげて貧血を予防できるわけです。

生理中に生酵素サプリを飲んで期待できる効果のまとめ

以上のように、生理中の女性でも生酵素サプリを飲んだ方が良い理由についておわかり頂けたのではないでしょうか。

ホルモンバランスを整えたり冷え性や貧血を和らげたりと、生酵素サプリには嬉しい働きがたくさんあります。

ただし、生理中のデリケートな身体で生酵素サプリを飲んでお腹を壊すことはありますので、サプリメントを飲んでも大丈夫なのか不安な方は医師に相談してみてください。