生酵素サプリのデメリットで押さえておきたいポイント

生酵素サプリのデメリットで押さえておきたいポイント

野菜や果物の酵素がたっぷりと入った生酵素サプリには、次の4つのメリットがあります。

・100種類~200種類の生酵素を一度に摂取できる(加熱処理していない製品は酵素の効果を引き出せる)
・基礎代謝や新陳代謝がアップすることでダイエットに繋がる
・日々の食生活が乱れている人でも毎日手軽に摂取できる
・野菜や果物を食べるよりもコストパフォーマンスが良い

「ダイエットをして理想の体型を維持したい」「便秘の症状を少しでも和らげたい」と考えている人に生酵素サプリはおすすめです。

しかし、そんな生酵素サプリにもいくつかのデメリットがありますので、飲み始める前にきちんと押さえておきましょう。

製法によっては十分な酵素を摂取できない

「酵素が入っている健康補助食品を飲めば効果が期待できる」と考えている方はいませんか?

現在では実店舗やネット通販など、様々な場所で酵素を含むサプリメントやドリンクが販売されています。

簡単に手に入れることができるようになりましたが、酵素は48℃以上で熱されると死滅しますので注意が必要です。

つまり、サプリメントを作る過程で熱処理がされていると酵素が失活するため、非加熱処理で製造された生酵素サプリを選びましょう。

非加熱処理で作られた生酵素サプリは、公式サイトで製法に関する説明がされています。

もし製法が公式サイトで詳しく記載されていない場合は、カスタマーサポートに問い合わせて生酵素が含まれているのか伺ってみてください。

100%の効果は期待できない

100%の効果が期待できないのは、生酵素サプリのデメリットです。

下記のような目的で生酵素サプリを飲み始める方は増えています。

・ダイエットをして体重を減らしたい
・頑固な便秘を解消して快適な生活を送りたい
・ニキビや吹き出物などの肌荒れを和らげたい

生酵素サプリはダイエットや便秘解消をサポートしてくれる嬉しい健康食品ですが、医薬品成分を含む内服薬ではありません。

どの製品の公式サイトでも、「絶対に体重を落として痩せることができます」「便秘薬と同じような効果が望めます」とは記載されていないのです。

個人の体質によっては、生酵素サプリを飲んでも変化を実感できないケースがあると心得ておきましょう。

間違った飲み方を続けていると痩せられない

生酵素サプリは、間違った飲み方を続けていると痩せることができません。

具体的にどのような生酵素サプリの飲み方がNGなのか、いくつか挙げてみました。

・毎日決められた量の錠剤やカプセルを飲んでいない
・ダイエット効果を引き出せる食事前や運動前に飲んでいない
・暴飲暴食や運動不足など不規則な生活習慣を送っている

生酵素サプリは医薬品とは違って100%の効果が期待できないからこそ、正しい飲み方で摂取したり生活習慣を改めたりといった対策も行うべきですね。

例えば、「カロリーの高い食事ばかりをとっている」「噛まずにすぐ飲み込む早食いをしている」という方は、消化酵素をたくさん消費してしまいます。

これでは生酵素サプリの効果を引き出すことはできませんので、まずは自分の生活習慣を見直すことから始めてくださいね。

長期間に渡って継続して摂取する必要がある

生酵素サプリは魔法の薬ではないため、数日間に渡って飲んで何もしなくても痩せるなんてことはありません。

ダイエットが目的でも便秘の解消が目的でも、生酵素サプリによる体質改善は長い期間がかかります。

変化を実感できるまでの日数は個人の体質や飲み方で変わりますが、短期間で変化を得るのが難しいのは大きなデメリットです。

「○㎏痩せられた」「ウエストが細くなった」と口コミを残している人の多くは、数ヵ月以上の期間に渡って継続して生酵素サプリを摂取しています。

根気良く飲み続けないといけない点に関しては、生酵素サプリだけではなく他の健康補助食品でも一緒です。

仮に1週間や2週間で変化がなくても、「長く続ければ痩せやすい体質になる!」と信じて少しでも長く生酵素サプリを続けましょう。

生酵素サプリのデメリットまとめ

以上のように、生酵素サプリにはメリットとデメリットの両方があります。

しかし、健康や美容を促す上でデメリットを補うメリットがあるのは事実ですので、自分の体質に合う生酵素サプリを探してみてください。